チャイルドシートと車との適合性

6歳未満の子供を車に乗せる時に着用が義務化されているチャイルドシートですが、子供の命を守るためのものですので、安全性の高いものを選ばなければいけません。
まず大切なことは子供の体とシートのサイズがぴったり合っていることです。サイズが合わないものを使っていると、万が一の時に役に立ちませんので気を付けましょう。
また他にも車との適合性も考えなければいけません。
車は軽自動車やコンパクトカー、スポーツカー、3列シートのワゴンタイプなど様々なタイプがあります。また同じようなタイプの車でも浅い形のシートや深くえぐりこんだ形の物など形状が違ってきます。
このような違いを考えずに選んでしまうと、折角買ったのに形が合わずに取り付けられないというようなことが起こってしまいます。
勿体ないからと無理矢理力任せに取り付けてしまうと、やはり万が一の時に子供の体を守ることはできませんので、購入をする前に試しに一度取り付けてみることが重要です。
もしも、購入先が試着サービスを行っていないような場合は、店員に話を聞くだけではなく、車種別の適合表から自分の車に取り付けることが出来るものどうかをしっかりと確認するようにしましょう。